太陽エネルギー

太陽エネルギーはなくならないの?

太陽光エネルギーや太陽熱エネルギーは、再生可能エネルギーの中でも最大の資源量があります。世界のエネルギー需要の増加と温暖化ガスの排出量削減を満たすため私達の子孫の代には太陽光による発電量が年間数M年(2005年の数万倍の規模)にも達し、世界の電力需要を何割もまかなうようになる可能性があります。
この膨大なエネルギーを太陽電池でまかなう際、製造に必要な資源量も計算されています。太陽電池の最も主要な材料であるシリコン(ケイ素)は地球上で酸素に次いで2番目に多い元素で、その資源量は事実上無限です。主流の結晶シリコン太陽電池の場合、現在生産に使われる原料のうち、最初に不足しそうなのは電極に少量用いられる銀ですが、それでも発電量にして数M年分の太陽電池を作れる資源量があり
ます。銀を他の金属で代替するなどして節約すれば、生産できる量にさしたる限界はありません。他の種類の太陽電池も、用途や性能に応じて使い分けられると考えられます。

 

CIS系太陽電池の場合はインジウムの資源量が制約となり、伯?釦帥年程度が限界とされますが、これも今後代替材料が開発される可能性があります。アモルファスシリコン太陽電池や有機系の太陽電池の場合、特定の構造では透明導電膜に使うインジウムの資源量によって制限を受ける場合もありますが、透明導電膜を酸化錫などで置き換えることで、この限界値は問題になりません。VIV族集光型多接合セルの場合は構造を工夫すれば4?5M年分が生産可能と見積もられています。

 

以上はごく大まかな見積もりですが、今のところ、もっとも不足しそうなのは銀やインジウムだということが分かります。しかしこれを考慮しても、太陽光発電の資源量は、将来の膨大な電力需要をも満たせるだろうと考えられます。
また、それにデメリットも多数あるので、よく勉強したうえで太陽光発電の導入を検層しましょう。
おすすめの太陽光発電メーカーは日本製です。

他の発電方式との違い

現在、人間が使える発電方式は、残念ながらどれも万能ではありません。それぞれに短所を持っていて、他の発電方式の長所で補う必要があります。この考え方に基づいて、昔から火力・水力・原子力・地熱などのいろんな発電方式が組み合わせて使われてきました。こ
のうち、特に化石燃料を使った火力発電は、出力の調整がしやすくて安価なため、昼夜で大きく変わる需要量の変化に対応する役割を果たしてきました。しかしこれ以上の地球の温暖化を防ぐため今まで化石火力発電が担ってきた役割を、他の、排出量の少ない発電方式で補う必要が生じています。従来の方式のうち、ダム式の水力発電は昔から需要変動への追従に使われていますが、立地上、大幅な増設は期待できません。

 

原子力発電もある程度の出力調整が可能ですが、燃料棒に負担を掛けすぎない範囲に限られます。このため、新しい発電方式もある程度の調整力を持つことが期待されています。最も調整しやすいのは(イオマス燃料を使った火力発電で、従来の化石燃料火力発電と同様に使えます。コストが比較的安い風力発電は、例えば一部の風車を系統に繋いだり外したりする(解列)ことで、ある程度の出力調整が可能です。また太陽熱発電は、晴れの日が多い地域ならば熱を蓄えておいて常時発電できるため、砂漠、地中海沿岸やアフリカど、日照量の多い地域での普及が期待されています。そして太陽光発電は昼間だけ発電するので、昼夜の需要量の差を自然に緩和する(ピークカット)効果があります。特に、暑いカンカン照りの時などは冷房用の電力需要と送電網の負担が大きくなるので、日
照と同時に出力が大きくなり、しかも建物に直接電力を供給できる太陽光発電が威力を発揮します。

 

このように発電方式それぞれの長所をなるべく活かすように利用すると、温暖化ガスの排出量をそれだけ効率良く減らすことができます。発電所も、適材適所が肝心です。

太陽光発電補助金の終了

2014年3が月で太陽光発電の補助金が終了しました。
補助金がなくなるのは一見してデメリットにしかみえませんが実はメリットもあります。
補助金がなくなるのは実は太陽光発電の人気度が高まっているということなのです。
つまり、これから本体自体も安くなる上に家庭の電気料金を抑えることができます。これは消費税アップとなった今はとてもうれしいことことです。
実は我が家で太陽光発電は導入していますが、先月で黒字化しました。
私の家庭の場合は約8年ほどかかりましたが、設置する地域や大きさを考えるともっと早い場合もあります。しかし設置に伴い業者には気を付けてほしものです。一歩間違えると保証がきかない場合もあります。太陽光発電の設置は太陽光発電見積もり比較探究で探しましょう。

更新履歴